事業内容

宅地造成

宅地造成の目的は道路や公園、給排水など人々の暮らしに不可欠な住宅環境の整備により、人々の生活の質的な向上を実現させることです。
住宅建築前の土地を整備することで、人々の生活の根底を支え、「街づくり」に貢献しています。
様々に関係してくる各法令の遵守はもちろん、社会や環境に対する責任感なくして遂行できない業務であると考え、きめ細やかな心遣いにより不動産価値をより一層高めていく施工を目指します。

施工例

平成23年 8月 ふじみ野市西鶴ヶ丘2丁目地内宅地造成工事(109棟)
平成24年 2月 船橋市三山6丁目宅地造成工事(69棟)
平成24年 3月 横須賀市森崎3丁目宅地造成工事(61棟)
平成25年 2月 新座市野火止5丁目宅地造成工事(52棟)
平成25年 4月 船橋市南三咲4丁目宅地造成工事(59棟)
平成27年 1月 新座市西堀2丁目宅地造成工事(57棟)
平成27年 3月 佐倉市寺崎北1丁目宅地造成工事(49棟)
平成28年 2月 松戸市高塚新田宅地造成工事(51棟)
平成28年 9月 八潮市大瀬宅地造成工事(31棟)
平成28年 10月 佐倉市寺崎北2丁目地内宅地造成工事(32棟)
平成30年 3月 千葉市源町宅地造成工事(36棟)

給排水設備

給排水設備は人々との暮らしに不可欠な住環境設備です。
戸建住宅の建築を行う際に、上下水本管から宅内に上下水管を引き込み、建築が行える状態にする必要があります。
通常、新しい造成地では、給排水管を取り出し、給水管には水道メーター、汚水管には汚水桝を設置します。また、過去に戸建等があり、給排水設備が残っている事もあります。その場合は、給排水設備の交換を行い、新築工事に見合う設備の施工を行います。
きめ細やかな心遣いにより、人々の住環境設備の創造を目指します。

指定工事店一覧

指定給水装置工事事業者
東京都指定給水装置工事業者 9646
神奈川県指定給水装置工事業者 2863
横浜市指定給水工事業者 2974
川崎市指定給水工事業者 1590
横須賀市指定給水工事業者 514
座間市指定給水工事業者 521
さいたま市指定給水工事業者 2863
指定排水設備工事事業者
東京都指定下水道工事店 5494
福生市指定下水道工事店 265
横浜市指定下水道工事店 30546
横須賀市指定下水道工事店 364
川崎市指定下水道工事店 1057

地盤調査・改良工事

地盤調査は、土の堆積環境・生成発展について地質学的に調べ、土の物理的な性質や力学的な性質を土質工学的に調べることです。
家を支えているのは、柱や壁などの「構造」だけではなく、重要な部分は「地盤」です。
地盤が良好か軟弱かを調べ、地盤に応じた設計・施工方法を提案し、人々が安心して暮らせる住環境の提供を目指します。

地盤調査

〈主な工法〉

スウェーデン式
サウンディング試験
平板載荷試験
ボーリング調査
(標準貫入試験)

地盤改良

〈主な工法〉

湿式柱状改良
表層改良
鋼管杭
ピュアパイル
GRRシート工法
スーパージオ工法
ページトップへ