宅地造成をプランニング、マネジメントする施工管理のリーディングカンパニー

顧客との打ち合わせ→施工計画を立案→役所への届出→作業員への指示→進捗確認→検査を行います。

現場は複数稼働しているので、一つの現場で一日中指示出しすることはありません。
また、現場で作業することも、重機に乗ったりして汚れることもありません。

現場の最高司令官として、職人に指示を出し、工事全体をコントロールします。

4つのバランス
「安全」、「品質」、「工程」、「原価」

まず、工事でもっとも重要視すべきことは、安全に工事を行う事です。安全に十分気をつけて作業できているかどうか見ていくのは、施工管理としてもっとも重要なことです。
有能な施工管理は何よりも「安全」を優先し、「品質」に向上に努め、無理のない「工程」を組み経済的な「原価」で施工します。
施工管理の仕事は計画の立案だけでなく、現場で計画通り進めれるように、作業全体の流れや進捗を確認しながら、現場監督に指示を出します。協力業者の作業員と協力して進めます。

施工管理職の魅力とは?

大きな仕事を自分で考えた計画によって成し遂げたときの‟達成感”です。現場の規模は大小さまざまですが、そんな仕事を、自分の計画と協力業者とのチームワームによって成し遂げる。「無」から「有」を造りだしたときの喜びは例えようもありません。

ぜひ弊社で施工管理の醍醐味を味わってください!

弊社の施工管理部は、現場を仕切る役割を担っていますが、それぞれが複数の現場を担当していることもあり、一般的な「現場監督」のイメージとは異なるかもしれません。
発注となると、協力業者との交渉も必要ですし、複数現場を同時にコントロールするためには「幅広い視野」と「ロジカルな思考」が必要不可欠です。もちろん、責任者として工事を担当する以上はそれぞれの現場に心を込めて取り組むことも大切です。
加えて、後輩の面倒見がいいベテラン社員も揃っているので、「宅地造成のプロフェッショナルとして成長したい」という前向きな気持ちがある若手社員はどんどん成長できる環境だと思います。
図面にあるイメージが多くのプロフェッショナルたちの手を経て、実際に「カタチ」になっていく。その工程を一度でも体験すれば、そのやりがいと達成感の大きさに魅了されるはずです。ぜひ弊社で「施工管理の醍醐味」を味わっていただければと願います。